漢方のこと

半年ほど前から蕁麻疹がでてました


はじめはちょこっとで
あまり気にしていなかったのに
徐々に酷くなって
夜眠れないほど悪化した


皮膚科も内科も行ったけれど良くならず
気持ちまで滅入っていた頃
たまたま美容院でオススメしてもらった漢方薬局、騙されたとおもって行ってみんさいって。


騙されたと思ってすぐに翌日受診。
1時間ほど丁寧に問診をしてくださり、
まずは主訴である蕁麻疹を治す漢方をだしてくれた。


が、翌日、頭が痛い、吐き気がする
翌々日、蕁麻疹がさらにひどくなる
翌翌々日、息が苦しくなる


これはおかしい…
騙されたと思って行ったけど
ほんとにだまされたか?!
と思い、再受診すると、


私は胃が弱りすぎて薬を吸収する力さえ失っているらしく
まずは蕁麻疹より先に胃のケアから、ということでまた違った漢方を処方してもらった

 

 


この時点で
この漢方薬局をやめなかったのは、
漢方医さんの肌がものすごく綺麗だったから。
なんだかそこに説得力を感じていた。

 


世の中の美容部員に言いたい、
売りたければ己が美しくあれ。


いや、自分にも戒めだ、
教えたければ健やかであれ…

 


薬が変わると頭痛や吐き気はおさまり、
少し楽になったけれど
相変わらずの蕁麻疹っぷり


もうこのまま一生治らないのかもなー
蕁麻疹と友達になろう
なんて諦めはじめてもいた

 

 


この蕁麻疹、
年末からのたったひとつの悩みから始まったのだけれど
それがこんなに尾を引くだなんて。。
心と身体は繋がってるってほんとだ。

 

 


漢方をはじめて1週間
再び問診を受けて、
また違った胃の漢方薬をだしてもらった


長い戦いになるとおもうけど
辛くなったら話しにくるだけでもいいから
頑張ろうねって
その言葉だけでとっても心強かった

 


そしてその3日後の夜
いつものように21時頃から蕁麻疹が出始める
が、あれ?なんかいつもより痒くない?


次の日、痒くないし、赤くもない
その次の日、嘘みたいに蕁麻疹がでなくなった
魔法にかけられたみたいな体験


正直、漢方って草でしょ?
くらいに思っていたから(ほんとごめんなさい)ビックリした。


次に受診したときに漢方医さんに報告すると、
すごくすごく喜んでくれて
一旦悪化したときに諦めずに受診してくれてありがとうって、
ありがとうは私の方なのに。


植物の力は偉大だ。
漢方ライフはまだまだ続きそうです。

f:id:mayu0126:20180912232141j:image